子宝整体 (妊活・不妊の方へ)

子宝整体と病院の不妊治療の違い

 

当院のHPをご覧いただきありがとうございます。このページにくるまでに、あなたはきっと様々な努力をされてきたことと思います。

 

はじめは自然にそのうちできる位の気持ちだったのが、半年、一年経っても授からない。自分の身体は何かおかしいのではないかと不安にかられ、ネットで色んな情報を調べ、できることをやってるのにうまくいかない。そして、勇気を振り絞って病院で不妊治療を受けるのではないでしょうか。

 

そこで様々な検査や投薬を行い、たくさんの時間とお金を使い、ご自身の全てを犠牲にしてやっているのにもかかわらず、それでもうまくいかないと心身もズタズタになっていないでしょうか?

 

まずは、当院で行う子宝整体と病院の不妊治療の違いをお伝えします。

 

病院での不妊治療
・タイミング法・人工授精・体外受精など、いかに精子と卵子が接触し、受精をしやすい状況を作る。
・血液検査、エコーなどの画像検査を行い、必要に応じて投薬、外科的処置を行う。
・病気が見つかれば、病気に対して投薬、外科的処置を行う。

 

当院の子宝整体の施術方法
・カイロプラクティックによる神経伝達の向上、内臓調整による臓器の機能向上、頭蓋骨調整による神経機能の回復
・分子栄養学による、必要な栄養素と不必要な栄養素の選別
・メンタルケアによる、不妊治療に対するストレス軽減

 

と大まかに述べましたが、違いがわかりますでしょうか?簡単に説明すると、

 

病院は卵子と精子が受精するまでのサポート

 

子宝整体はご夫婦の体質を改善し、卵子・精子が自分のチカラで元気な赤ちゃんになるサポート

 

病院では画像や数値で精子は元気か、卵子の形はキレイか、ホルモンの量は大丈夫か、子宮や卵巣に病気はないかなどチェックし、必要であれば薬でホルモンを補う、排卵させる、人工的に卵子と精子をくっつけるまでやってくれます。

 

ただ、受精できたとしても、子宮内で着床する、赤ちゃんに育てるというところまではできません。顕微授精してやっと受精できたのに、流産してしまうという割合も多いです。

 

子宝整体では、現代におけるライフスタイルによって、心身の疲労、ストレス過多、食事の簡素化などが要因となって、結果的に卵子と精子の質が低下していると考えます。

 

よって、これからパパとママになるお二人の身体と心を元気にすることで、卵子と精子の質を上げ、自らの力で元気な赤ちゃんになっていくためのサポートをします。

 

更には、ご夫婦での妊活に対する意見の相違がブロックになっていることもあります。夫婦間でのちょっとしたすれ違いが問題となるケースも少なくありません。お互いの気持ちを正しく知ることで夫婦関係が改善され、妊活のスピードがぐっと加速します。そこまでサポートできるのが子宝整体です。

 

〇不妊治療の保険適用メリット・デメリット
2022年4月より不妊治療が保険適用となりました。一見喜ばしいことと思いますが、メリット・デメリットをお伝えしたいと思います。

 

・メリット
・保険適用により対象の不妊治療は、全額実費だったものが3割負担で済む。
・高額療養費制度も適用になるので、1カ月の上限を超えたものは返ってくる。

 

・デメリット
・日本生殖医学会のガイドラインで推奨される治療のみ保険適用となる。場合によっては自費診療になる治療も。
→詳細はこちらを参考にしてください
・保険適用となることで、今までもらえた助成金制度が廃止となり、場合によっては前よりも高額になるケースも。
・病院側としては、自費診療のときはそれぞれの病院が少しでも良いものを提供しようと切磋琢磨していた。それが、保険適用によりルールが一元化されると、切磋琢磨していた細かいサービスができなくなる。結果、不妊治療の質が下がる。
・不妊治療の患者が増え、忙しくなるとどうしても対応や治療が雑になってしまったりするのが人間です。これも治療の質が下がる原因になります。
・治療の質が下がる⇒不妊治療の回数や流産が増える⇒妊娠出産への期間が長くなる⇒更に心身へのダメージが増えるという悪循環に陥ってしまいます。

 

〇ご夫婦の食や健康状態が、赤ちゃんに影響するタイミングはご存知ですか?
正解はなんと5週目あたりです。そんなに早いの!?と思いませんか?実はそんなに早いのです。妊娠したと気づくのが早くて3週〜5週くらいです。なので、妊娠に気づいた頃にはお二人の身体の状態が赤ちゃんに受け継がれています。

 

〇本来あるべき妊活のカタチ
ピラミッド写真

 

日本では、不妊治療となるとまず病院へ行こうという流れですが、上の図にあるように、
@メンタルアプローチ・・・ストレスの緩和
Aインナーアプローチ・・・食事など体に入れるものの見直し
Bアウターアプローチ・・・整体などで身体機能を高める
それからC必要に応じてメディカルアプローチを経て
「健康な妊娠・出産」へと繋がります。

 

早く妊娠しなきゃ!という焦るお気持ちもよく分かります。しかし、まずはご夫婦の心身を良好な状態にすることが、結果的に妊娠率を上げ、流産率を減らし、元気な赤ちゃんの誕生・成長に繋がります。
病院か整体かどっちが良いではなく、どちらも手を取り合っていくことが元気な赤ちゃんを育てることに大切だと考えます。

 

〇病気があるから自然妊娠は難しいと言われませんでしたか?
子宮内膜症、子宮筋腫、チョコレート膿胞、卵管閉塞、AMHが低い、精子が少ない弱いなど、病気があるから自然妊娠は難しいと言われてショックを受けたことはありませんか?
子宝整体では、病気も今の心身の状態が作り出していると考えます。体質を改善して病気がなくなるとは正直言いきれませんが、実際にこれらの病気をお持ちの方も子宝整体を受けて、元気な赤ちゃんを妊娠・出産した方もいらっしゃいます。
糖尿病などの生活習慣病も同じで、体質を改善してくと病気が軽くなっていき、生殖能力も上がっていくのです。

 

〇病院での不妊治療の出生率はご存知ですか?
日本産婦人科学会が発表した2017年度の体外受精・顕微授精の実施件数は約45万件。その内、出産された赤ちゃんは約5万7千人。1回の治療から出生に至る確率は、約12.6%です。

TOPへ